ngx_mrubyで転送先を外部参照するリバースプロキシを構築する


はじめに

どうも、GMOペパボ 試用期間の久米です。
ngx_mruby + mruby-memcached + mruby-mysql 環境構築のエントリを投稿しましたが、それを使ったリバースプロキシの構築についてまとめました。

本エントリでは以下の手順で構築したngx_mruby環境上でリバースプロキシを構築するものですので、試したい方は以下も併せてご参照ください。
CentOS6で ngx_mruby + mruby-memcached + mruby-mysql をインストールした。

ngx_mrubyで転送先を外部参照するリバースWEBプロキシを構築するとは

本エントリで記載する”転送先を外部参照するリバースWEBプロキシ”には以下の特徴がある。
  • HTTPリクエストのホストに応じてプロキシの転送先を変更する。
  • 転送先ホストの情報ソースとしてKVS(memcached)とDatabase(mysqld)を利用する。
    1. HTTPリクエストホストをKeyに転送先ホスト名をKVSに問合せる。(存在していれば修了)
    2. KVSに存在していなければ Databaseに問合せを行う。
    3. KVSに情報を書き込む。(次回以降はキャッシュが切れるまでKVSが応答)
具体的な構成と動作については以下のようになる。

ngx_mruby-rprx.001

Use case

  • HTTPリクエストホストに応じてKVSやDatabaseの情報ソースを元にコントーロールを行いたい。
    • 例えば大量のWEBサーバに対して、ホストされているサイトをDatabaseで管理したい。
    • 高速なKVSを組合わせることで大量のリクエストを効率よく捌きたい。

通常のconfファイルで制御していたことを、ngx_mrubyを利用することでrubyスクリプトで動的に制御することができる。

リバースプロキシの実装

リバースプロキシにはnginxを利用して、機能の実装についてはngx_mruby + mruby-memcached + mruby-mysqlを利用する。

環境
# バージョン
OS CentOS 6.6
kernel 2.6.32-504.el6.x86_64
■リバースプロキシ
Ruby 2.2.4
nginx 1.9.14
ngx_mruby 1.1.17
mruby-mysql
mruby-memcached
■KVS
memcached 1.4.4
■Database
mysql-server 5.1.73-5
■WEB
httpd 2.2.15

検証における前提条件

  • リバースプロキシとなるサーバにnginx+ngx_mruby+mruby-memcached+mruby-mysqlの環境が構築されていること。
  • データーベースとなるサーバにmysqlがインストールされていること。
  • 今回のテスト環境に際しては、リバースプロキシからroot権限でデータベースにアクセスできるようにgrantを通しておくこと。
  • KVSとなるサーバにmemcachedがインストールされていること。
  • 各サーバのiptablesは適切に設定するか無効にしておくこと。

Let’s development!!

本検証に出てくるホスト名一覧

ホスト名 説明
proxy.local ngx_mrubyが実装されたリバースプロキシ
cache.local memcachedがインストールされたKVS
database.local mysql-serverがインストールされたDBサーバ
web[1,2].local httpdがインストールされた各種バーチャルホストを収容するWEBサーバ
site-a.local web1.localに収容されているバーチャルサーバ
site-b.local web1.localに収容されているバーチャルサーバ
site-c.local web2.localに収容されているバーチャルサーバ

Webサーバのバーチャルホストを設定

WEBサーバ共通設定

/etc/httpd/conf/httpd.conf

# 以下をコメントイン
NameVirtualHost *:80
web1.localの設定

/etc/httpd/conf.d/site-a.local.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName   site-a.local
    DocumentRoot /home/site-a.local/html
</VirtualHost>

/etc/httpd/conf.d/site-b.local.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName   site-b.local
    DocumentRoot /home/site-b.local/html
</VirtualHost>

/home/site-a.local/html/index.html

site-a.local's page

/home/site-b.local/html/index.html

site-b.local's page
web2.localの設定

/etc/httpd/conf.d/site-c.local.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName   site-c.local
    DocumentRoot /home/site-c.local/html
</VirtualHost>

/home/site-c.local/html/index.html

site-c.local's page

テスト用データベースの作成

create database domains default charset utf8;
use domains;
create table `domain` (
  `id` int(255) NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `domain` varchar(255) NOT NULL,
  `host` varchar(255) NOT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB  DEFAULT CHARSET=utf8;
insert into domains.domain (domain, host) values ('site-a.local', 'web1.local');
insert into domains.domain (domain, host) values ('site-b.local', 'web1.local');
insert into domains.domain (domain, host) values ('site-c.local', 'web2.local');

リバースプロキシの設定

今回の検証用にdnsmasqをインストール

各種サーバの名前解決のために、ローカルの”/etc/hosts”を参照してDNSクエリに応答するdnsmasqをインストールして起動しておきます。

yum install dnsmasq
chkconfig dnsmasq on
service dnsmasq start

以下のように名前解決ができればOK

# dig @localhost localhost

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.30.rc1.el6 <<>> @localhost localhost
; (2 servers found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:

 :

;; ANSWER SECTION:
localhost.		0	IN	A	127.0.0.1

 :
“/etc/hosts” に以下のエントリを追加しておく
WEBサーバ#1のIPアドレス    web1.local
WEBサーバ#2のIPアドレス    web2.local
プロキシするホストの設定

/usr/local/nginx/conf/nginx.conf
*以下を追記

server {
  location / {
    resolver              127.0.0.1;
    mruby_set             $webserver "/usr/local/nginx/lib/proxy.rb";
    proxy_http_version    1.1;
    proxy_pass            http://$webserver;
    proxy_set_header      host $host;
    proxy_set_header      Connection "";
    proxy_set_header      X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header      X-Forwarded-Host $host;
    proxy_set_header      X-Forwarded-Server $host;
    proxy_set_header      X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_send_timeout    300s;
    proxy_read_timeout    300s;
    proxy_connect_timeout 300s;
  }
}
転送するホストをKVSやデータベースから引いたりするスクリプトを設定

/usr/local/nginx/lib/proxy.rb

#!mruby

# memcachedの接続設定
memecached_server = "memcachedのIPアドレス:11211"

# mysqldの接続設定
mysql_server      = "mysqldのIPアドレス"
mysql_user        = "root"
mysql_password    = "PASSWORD"
mysql_database    = "domains"

# クライアントのリクエストホストを取得
request_domain = Nginx::Var.new.http_host

# memcachedから転送先ホストの情報を取得
memcached = Memcached.new memecached_server
webserver  = memcached.get request_domain

# memcachedに存在しなければmysqlに問合せる、存在していればクロージング処理へ
if webserver == nil then

  # 転送先ホストの情報を取得
  mysqld       = MySQL::Database.new(mysql_server, mysql_user, mysql_password, mysql_database)
  mysql_result = mysqld.execute("SELECT host FROM users WHERE domain = ? LIMIT 1", "#{request_domain}")

  # if recode is not found
  if mysql_result != nil then
    webserver = mysql_result.next[0]

    # mysql closing
    mysql_result.close
    mysqld.close

    # set memcached
    memcached.set request_domain, webserver
  else
    # 転送先情報が存在しない場合の処理を記載
    # エラーページを格納するサーバを記載するなど。
    # 必要に応じて、ネガティブキャッシュを実装すれば無駄なデータベース参照を減らせるかも。
  end
end

# closing memecached
memcached.close

# mruby_setにデータを渡す
webserver

動作確認

クライアントの”/etc/hosts”に以下を記載する。
リバースプロキシのIPアドレス    site-a.local site-b.local site-c.local
クライアントからアクセスしてみる
$ curl http://site-a.local
site-a.local

DBから値を取得して適切なサイトに転送できたことが確認できる。

KVSにキャッシュエントリが存在するか確認してみる
# telnet localhost 11211
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
get site-a.local 0 1
VALUE site-a.local 0 10
web1.local
END

done.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です